金色ラブリッチェ-Golden Time-感想

金色ラブリッチェ-Golden Time-感想

2017年12月に発売された『金色ラブリッチェ』

金恋GTはその続編となります。

特徴としましては、

➤攻略対象にミナと絢華が加わった。

➤金恋を締めるための必要不可欠なファンディスク。

です!

この記事では、新規で攻略できるようになったミナと絢華の感想を中心に、レビューします。


ネタバレを含みますので、未プレイの方はご注意ください*

ミナルート

主人公の央路は庶民、ミナちゃんは王族で女王です。住む世界が違いますし、二人の恋愛にはこれから数々の障害が立ちふさがります。

が、ここら辺の小難しい話はあまりなく、将来への期待と抱負で締める未来志向のエンディングとなっています。

ミナちゃんとの甘酸っぱい恋愛を楽しめます!

また、央路が過去のトラウマと向き合い成長していくのも『金恋』の見所のひとつです。

夏の一件以来、央路は自分を卑下するようになります。『金色ラブリッチェ』本編では、その辛い過去を打ち明け、玲奈に慰めてもらうという印象的なシーンもありましたね。

今回はミナちゃんから「他人のために自分を曲げられる、自分を諦めるというのは……簡単にできることではない」という言葉をもらいます。

ミナルートのまだ序盤で、当時の央路にはそれほど心に届きはしなかったかもしれませんが、きっと人としての央路が再出発するきっかけになったセリフだと思います。

落ち込んでいる人に慰めをかけることが必ずしも正解とは限りません。立ち直りを先延ばしにする場合もあります。過去も今の姿も肯定してあげるのは難しいですが一番大切なことかもしれません。

ミナちゃんとの時間を共にするにつれて、現状のままでいいのかという思いが主人公の中に芽生えます。エキスパートプランで玲奈の活躍を見て将来を考えるシーンがありました。「自分が夢中になれるものを探す」のが金色ラブリッチェのテーマのひとつです。サイドストーリーながら、そのメッセージをちゃんと伝えてありました。

クライマックスでは、「どこに居ても恥じることない立ち振る舞い=自信をもって、堂々とすること」というミナちゃんの言葉を央路は素直に受け入れます。

転入してきたばかりの彼だったら、おそらくできなかったことでしょう。恋を経て主人公もしっかりと成長しています。


ミナちゃんは可愛らしく、デートシーンも甘々ですが、それでも一国の王女。年の割に達観した物の考え方や、胸にスッと落ちてくる言葉が多かったなぁという印象です。

CV秋野花さんというのもポイントが高い。

規律を重んじる凛々しい性格、「下郎」と蔑むちょっとだけSな一面、本編で見せた甘々な姿。

秋野花さんの象徴的な声色が網羅されていました。

 

城ヶ崎絢華ルート

絢華と央路の昔話については、前作『金色ラブリッチェ』でおおまかに語られています。

なので、今回はお互いの正体に気付いていくのがメインだと思ったら、意外と家柄の話や絢華自身の性格の話が中心でしたね。

絢華は立ち回りが上手く、故にどこかクラスメートとも心の境界線を引いてしまいます。気の許せる友達はほとんどいませんし、嫌いな庶民に対しては性悪な態度を晒します。

絢華の人間的な欠陥として見えるかもしれませんが、シルヴィや玲奈が特殊なくらいフレンドリーなだけで、きっと絢華くらいが現実的には普通なのかもしれません。

一緒にご飯を食べたり、お話をしたりしていても、どこか気疲れしてしまう。接し方の距離感が分からないー絢華を見てて共感を覚える人はきっと少なくないと思います。

絢華は、本当は素直で優しい子です。幼い頃のトラウマや、その後の環境や教育が貴族としての絢華を形成します。

辛い記憶は人を怯えさせもしますが、同時に強くなるきっかけにもなります。

また、教育は新しい知識や価値観を付与する一方で、時として奪うものもある。そんなことを彼女のルートをプレイしながら考えていました。

シルヴィとの対比を用いて、「家」と「自分」のどちらを大切にしているかという描写がありましたね。絢華は「家」を最重視します。

ノーブル学園は将来のエリート育成機関であり、生徒の多くは富裕層です。その中でも絢華は別格の存在ですが、理由のひとつが「家」の重視です。

気高くあり、常に城ケ崎家の繁栄を願う姿勢が絢華を絢華たらしめています


央路との恋が深まっても、「恋愛」と「家の事情」の板挟みで葛藤するシーンがいくつもあります。

序盤の頃に比べると、すごく好感の持てるキャラになっていました。

CVが風音様というのも個人的にたまりません。

きっと皆さまのイメージ通りの、強気で、恥じらった時のめちゃくちゃ可愛い風音様の声が聞けます。

 

金恋GTを終えて

FDとは思えないクオリティでした。遊び心を忘れず、本編(金色ラブリッチェ)で語られていない部分を補完し、追加シナリオも充実していました。

ミナ&絢華ルートについては、シリアスの比重も少なく楽しみながらプレイできました。

アペンドシナリオでは、シルヴィやエル、理亜たちの後日談もプレイできます。

正直、理亜(マリア)の別ルートが遊べるだけでも本作を買う動機は十分にあります

前作をプレイ済みの方ならご存知の通り、理亜のシナリオというと胸が締め付けられるシーンが印象的ですが、それで終わりじゃないことを示唆しています。

前作を最後までプレイすると理亜のCGがもらえましたね。花嫁姿のやつです。

本編では登場しなかったワンシーンなので、色々と解釈を考えましたが、この疑問も本作をプレイすれば氷解します。

十分にあり得た世界なのです。そして、みんなが願った奇跡なのです

金恋GTは単なるファンディスクではありません。GTまでプレイして初めて『金色ラブリッチェ』になるのです。

 

BGM・OPについて

とてもいいです。クリア後も、よくサウンドトラックを流して作業用のBGMとして聴いています。「Ordinary Day」と「morning dew」が特にお気に入りです。

金恋のOPはテンションが上がります。カラオケで配信されるのが嬉しいですね。

 

その他(要望・移植版など)

①メニュー表示の大きさ

画面下のメニューバーですが、表示サイズが小さいです。プレイ中押し間違えることが何回かありました。

また、セーブ&ロード画面は▶や▶▶などの送り形式ではなく、ブロックタイプの方が個人的に好きです。

②移植版への展望

最近のサガプラさんの作品は基本的にコンシューマー版が発売されておりますので、金恋もぜひ家庭用ゲーム機で楽しめたらいいですね。

追記➤

PS4とVitaでのリリースが告知されましたね。

まだ『金色ラブリッチェ』を遊んだことのない人は、この機会にぜひ!

コメント