SPIRAL!!感想

SPIRAL!!感想

今回はNavelさんから発売された『SPIRAL!!』をプレイしてみましたので、そちらのレビューになります。

発売から1年ほど経ってしまいましたが、先日『SHUFFLE! episode2』のマスターアップ告知を受けまして、やるなら今だなと思い遊んでみることに。

 

そもそも『SHUFFLE!』『SPIRAL!!』って何?

『SHUFFLE!』は2004年にNavelさんから発売されたゲームです。もちろん私もリアタイではプレイしていなくて(年齢的な問題で)、プレイステーションに移植されたソフトを遊んだのが最初でした。

アニメ化もされて当時は大きな反響を呼びましたし、今でもNavel=SHUFFLE!というイメージを定着させる礎にもなりました。

『SPIRAL!!』はそんな『SHUFFLE!』の後継が出る前段階としてリリースされたもので、人間界・神界・魔界の交流を描いたアドベンチャーゲームです。

それでは、攻略した順にヒロインの印象をまとめます。

 

キャラクター攻略

大津ローズ

最初に攻略したのはローズちゃん。舞台となる佐波理学園とは違う他の学校(バーベナ学園)からの交換留学生。

誰とでも仲良くなれる天性の才能の持ち主。社交的な性格故に、本心を見せない一面も。

主人公のクロムは自分が神族であることを隠しながら佐波理学園に潜伏します。クロムはどのルートにおいても、好きな相手に自身の正体を秘密にしなければいけず、その恋の期間も限定的であることに苦しみ、葛藤します。

ローズ√は、お互いに秘密があることを了解しつつも、それ以上は踏み込まずに今の恋を楽しむという、はがゆい感じ。

付き合っていく上で、どこまで本当の自分をさらけ出す必要があるのかという定番の問題を、人間・神族・魔族の交流というテーマに落とし込んで展開される良いシナリオです。

「種族とか三界」の縛り・柵なんて関係ないよ、というSHUFFLE!シリーズで最も伝えたいことがシンプルに力強く主張しているルートでした。

 

白金みずき

まほけん(魔法研究部:クロムが所属することになった部活)の後輩で、魔法に強い憧れを抱く少女。

クロムにとって魔法は生まれた時から備わっている、当たり前のものでした。自分にとっての日常が他人から見れば憧憬に映ることもあるんだなと再認識させられました。

みずきちゃんはクロムが人間であると疑わず、自分も努力すれば魔法が使えると信じていました。自分が吐いた嘘が他人とっては希望になることもあるんですね。

かといって、紆余曲折の果てに魔法が使えるようになる……みたいな甘い妥協点を許していないところは個人的に評価したい所。無慈悲に思われるかもしれませんが、どんなに努力しても叶わない夢もあるということを教えてくれる大切なシーン。

重要なメッセージが随所に現れ、ラストは思った以上にSFチックな展開が待っていて飽きないみずき√でした。

 

門御茨子

みずきちゃんと同じく「まほけん」に所属。人間が嫌いで、逆に神族・魔族、そしてそれらの伝承などに興味津々な茨子ちゃん。性格はとてもクールで、辛辣なコメントも挟んできます。

一般的にヒロインは物語が進むにつれて心情の変化が顕在化されますが、彼女の場合は最初から将来の夢が固かったり、自身のスタンスがしっかりしていたりして、エンディングまでそれらを貫いていたのが珍しいなと思いました。

しかし、それは彼女の冷淡さや頑固さを示すものではなくて、最後は育ててくれた両親にきちんと感謝を伝えるシーンが用意されていて心が温かくなります。

良く言えば芯が強く、悪く言えば取っ付きにくい茨子ちゃんですが、その分付き合い始めてからのデレっぷりは最高です。デートシーンや何気ない日常シーンでは終始ドキドキさせられました。

どのヒロインもCGのクオリティが高くめちゃくちゃ可愛いですが、立ち絵の会話シーンだけでも茨子ちゃんの破壊力は凄かったです。

キャラの魅力でいえば茨子ちゃんが一番好きでした。

 

半田珊瑚

最後にクリアしたのが珊瑚ちゃん。本作の「核」となるストーリーで、結果的に最後にプレイして良かったなと思いました。

担任の先生からもクラスメートからも信頼される珊瑚ちゃん。学級委員長ですがお堅さは微塵もなく、お節介を自称するほどの世話焼きでとてもフレンドリーな性格。

理事長である母親共々、神族を苦手としているので、主人公のクロムとしては非常に苦しい恋愛を強いられることになります。

決裂のシーンは胸が締め付けられますが、家族愛を基調としたエンディングは誰もが心を打たれるはず。

人間界・神界・魔界の将来についても、友好な融解を目指す一方で、互いの理解を深めながら最終的には自分たちの意志で決めていくという未来志向なエンディングで締めくくられています。

珊瑚ちゃん自身も愛嬌があって正統派ヒロインなので、未プレイの方で珊瑚が気になっている方は遊んでみて損はないと思います。ストーリー面では一番好きなルートでした。

 

全体評価

さて、まとめる前に個人的に「惜しかった点」と「これからプレイされる方への考慮点」を挙げておきたいです。

まずこれから『SPIRAL!!』をプレイされる方へ。

公式サイトから修正パッチが配布されていますが、こちらは必須です。修正パッチをあてないとCG・シーンが半分ほどしか表示されませんし、Galleryモードが開放されません。充分に楽しむためにも予めアップデートしておきましょう。

次に「惜しかった点」ですが、

ストーリーが短いというご意見を周りからよく聞きます。確かに、フルプライス版の製品としては、個別√の尺が若干短く、物足りなさを感じる方もいると思います。

個人的には全体量の短さよりも、デートシーンのバリエーションの少なさの方が気になりました。どのルートでも大体は文化祭、喫茶店、映画を巡るくらいです。もう一つずつ具体的でヒロインによって異なるデートプランがあったら印象も随分と変わったと思います。

それでも、一つひとつのシーンは適量でテンポが良く、個人差はあると思いますがプレイ時間にして約15~20h程度でクリアできますので、コンパクトで良い作品だと考えます。

悪く聞こえるかもしれませんが『SPIRAL!!』は『SHUFFLE2』への布石です。

年齢層が高めのユーザーは懐かしい気持ちで『SHUFFLE!エピソード2』を手に取ると思いますが、今の若い子はSHUFFLE!を知りません。そんな若い世代に対して、SHUFFLE!シリーズってこういうお話だよって教えるための下準備を『SPIRAL!!』は担っています。

誤解のないように補足しておきますが、『SPIRAL!!』は全然プレイして良いゲームです。周りのレビューを拝見すると「繋ぎ」とか「後付け」などのコメントもありますが、前述の通りキャラも魅力的ですし、SHUFFLE!シリーズに必要な設定・知識が無理なく盛り込まれています。

SHUFFLE2を購入予定で予習がしたいという方にはもってこいです。

最後に、『SHUFFLE! episode2』への展望を簡単に述べて結びとさせていただきます。

珊瑚ちゃんの感想で「未来志向のエンディング」という風に書きました。

初代『SHUFFLE!』が発売されて16年。当時は、これから本格的にグローバル化・ツーリズムの活性化に向けて世界が舵を切ろうとしていた時代です。

SHUFFLEシリーズの三界は異なる時空に存在しますが、感覚としては現代の国々の関係性・人や文化の交流を反映させていると考えられます。

あれから16年。世界情勢が変化しつつある「今」を受けて、SHUFFLE2がどのような答えを出してくれるのかが最初の着眼点。

また、令和になってSHUFFLE2がどの年齢層に、どんな需要の形で刺さるのかも注目したいですね。

いずれにしましても、私も小さい頃に『SHUFFLE!』から大きな刺激を受けた一人ですので、今度はどんな物語を魅せてくれるか楽しみにしています。

 

あっ、ひとつだけ言い忘れてました!

レニちゃん、めっちゃ可愛いです!!

「男の娘」というキーワードにビビっとくる方も是非プレイを!

佐波理の制服デザインも素晴らしかったですね。

コメント